Select Menu


ECS LIVA Windows 8.1 with Bingを理想のサブPCにするために、使いやすく且つ高速化に挑戦しました。モタツキがなくなり、サクサク表示されるようになりました。さらに快適です。

IEからChrome変更し、使いづらいタイルメニューを快適なクラシックに変更、さらにインターフェースを、パフォーマンス重視に変更し、Choromeを高速化し、デスクトップを整理します。やり方はたくさんあります。皆様はご自身で最適な方法を見つけてください。

ECS LIVA Windows 8.1 with Bingは簡単にOSの再インストールができますので、どんどんカスタマイズできます。LIVAのOS初期化はこちらを参考ください。もちろんすべて自己責任で行ってくださいませ。

まずIEを開きましょう。

Chromeと検索します。
https://www.google.co.jp/chrome/

Chromeをダウンロードです。

ブラウザーとして設定します。

すべてYESでインストールしましょう。

IEはもう不要です。タスクバーから外しましょう。

Chromeアイコンをクリックして、今後はすべてChromeに設定します。

次はこの画期的なインターフェースを無くしたいと思います。

ClassicShellと検索しましょう。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/classicshell/

ダウンロードします。

exe実行!

インストール

インストール後に、スタートメニューを押すと設定画面になります。初期設定でOKです。

もう一度メニューを開きたいときは、すべてのプログラムから、

Classic Shellを選択して、

Menu Settingsを選べばOKです。

次は、Windows8のヌルヌル重いインターフェースを軽量にします。コンパネをクリックして。

上の方にあるシステムをクリックします。

システムの詳細設定を選択します。

パフォーマンスの設定を選びます。

もちろんパフォーマンスを優先するを選びます。

サックサクです。しかし文字がガサガサになりました。

スクリーンフォントの縁を滑らかには選択しましょう。

フォントがつるつるになりました。よかった。

つぎはChormeの高速化にチャレンジです。Chormeを開いて、chrome://flags と入力します。 

それぞれの項目名称はよく分かるようです。ソフトウェアレンタリングリストを上書きを有効にします。

高速に閉じるを有効にします。

SPDY/4を有効にします。

レンダラを有効にします。

非同期DNSを有効にします。

QUICを有効にします。

スッパっと開くようになりました!

もっと設定したい人は、下記がサイトを参考にどうぞ。すべて設定したら、気持ち遅くなったため、上記の設定だけにしました。
Chromeを高速化させる方法 v3
http://jre655.com/2014/04/29/chrome%E3%82%92%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%8C%96%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95-v3/


デスクトップを整理します。全部ゴミ箱へ。

ストアをタスクバーから抹消します。

ダウンロードすると、ファイルがダウンロードフォルダーに入るのが、頭にきますよね。

デスクトップに保存されるように変更しましょう。ブラウザーの設定を選択。

下のほうに移動して、詳細設定を表示します。

ずーと下に移動して、ダウンロード先を変更します。

デスクトップがお薦めです。

ジャーン!シンプルで快適で高速なLIVA Windows 8.1 with Bingに生まれ変わりましたよ。

あなたのLIVAでより高速で快適な設定に挑戦してみてください。



ECS LIVA特集

ECS LIVA特集 伝説のLIVA専用ゴム足


安い小型PC&省エネ節電パソコンLIVA、法人パソコンとして人気!


0 コメント:

コメントを投稿

 
Top