ECS LIVA ワイアレス化!コマンドラインでゴニョゴニョやる変態編

おすすめ記事ピックアップ

今回は・・・変態編です。コマンドラインでゴニョゴニョやります。前回はこちら(http://www.pclinks.jp/2014/08/wireless-liva.html)です。


LIVAの特徴はなんといってとっても小さいことです。家では普通にデスクトップとして使用して、その環境をそのまま手軽に持ち運ぶなんてことができます。5Vのモバイルバッテリーでも動作させることができるのでACコンセントがない環境でも使用できますが、モバイル環境で使用するにあたってはモニタ(ディスプレイ)をどうするかというのが一番の問題でしょう。


USB給電のモニタを使うのが一番簡単でしょうか。バッテリー動作のプロジェクタなんていう方法もありますね。USB給電のモニタはディスプレイアダプタとしてOSが起動してから動作するタイプと、HDMIやD-Subで普通に接続可能で、USBからは電源だけ取るタイプがあります。

後者なら簡単に使用できるでしょうが、モニタケーブルやUSBケーブルがごちゃごちゃ繋がってるのがスマートじゃないですね。邪魔です。ここは、タブレットとかスマホとかの画面にワイヤレスで画面表示できたらとってもスマートじゃないでしょうか。


ということでタブレットやスマホをLIVAのモニタにしてしまいましょう。なお、モバイルバッテリーがケーブルで繋がってるぞ?ワイヤレスじゃないじゃんっていうツッコミはナシでオネガイします。そもそもWindowsノートやWindowsタブレットでいいんじゃないか?というのもナシでオネガイします。主役はLIVAですから。

先日の展示会でもデモ機として展示をしましたが、例えばこんな風にLIVAをモバイルバッテリーで動作させてiPhoneをモニタとして操作できます。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/243/243404/

一見どうなってるのか不思議そうに見える画面ですが、なんのことはないWindows標準機能のリモートデスクトップ機能で繋いでいるだけです。iPhoneとLIVAは無線LAN(WiFi)で繋がってます。

マイクロソフト純正のAndroid版/iOS版のリモートデスクトップアプリがリリースされていますのでAndroidのタブレット/スマホ、iPad/iPhoneとかをモニタとして使用できます。

スマホだと画面が小さく実用的ではありませんが、ある程度画面サイズの大きいタブレットなら実用的に使用できるでしょう。Windows標準のリモートデスクトップ機能以外にもリモートデスクトップ系のソフトはいろいろあって、より高機能なものもあります。


実際にどのように繋げるのか説明していきます。家庭内であれば、WiFiアクセスポイント(通常はルーターに内蔵)があって、アクセスポイント経由でタブレットとLIVAが同じネットワークに繋がることになりますので簡単に接続できます。では、モバイル環境ではどうしたらいいのでしょう?

いろいろ方法はあると思いますが、とりあえずLIVAのモニタとして使うことが目的なので、他の機器は一切介さずにLIVAとタブレットが直接ワイヤレスで繋がるのが一番シンプルと考えます。

LIVA自体がWiFiアクセスポイントとして振る舞うように設定して、そこにタブレットをWiFiで繋げて直接通信できるようにしてしまえばよいのです。

LIVA自体をWiFiアクセスポイントにするにはWindows7以降に搭載されているWireless Hosted Network (Virtual WiFi / SoftAp) という機能を使います。

通常クライアントにしかならないPC内蔵のWiFi機能をアクセスポイントにしてしまうものです。同時にクライアントとしても使えます。

なんらかの方法でインターネットに繋がった1台のPCがあって、そのPC自体をWiFiアクセスポイント(ルーター)として見せて、他のPC、タブレット、ゲーム機などをそのアクセスポイントに繋げることでインターネット接続したい場合とかに使用します。

この機能を使えば、、アクセスポイントとしてIPアドレスが設定されるので、そのIPアドレスを使ってタブレットとの間で直接無線通信をしてリモートデスクトップでモニタとして使用できます。Wireless Hosted Networkは基本的にコマンドラインで設定を行うものになります。それではWindows 8.1ProがインストールされたLIVAの設定を行っていきましょう。ちなみにリモートデスクトップで操作される側(ホスト)になれるのはPro以上だったはず。無印ではできません。

まずリモートデスクトップで接続できるように設定を行います。コントロールパネル -> システム -> リモートの設定と進み、「このコンピュータへのリモート接続を許可する」にチェックを入れます。Windowsセットアップ時に登録したユーザーにはすでにアクセス権が与えられているので「ユーザーの選択」で追加する必要はありません。


リモートデスクトップの設定はこれだけですが、ネットワークの場所が「ゲストまたはパブリックネットワーク」の場合はこのままでは接続できません。Windowsのファイアウォールの設定でパブリックネットワークではリモートデスクトップが許可されていないからです。

大抵はここではまって繋がらないと悩みます。パブリックネットワークでもリモートデスクトップを許可するよう設定変更をしておきましょう。コントロールパネル -> Windows ファイアウォール -> Windows ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可と進み、


「リモートデスクトップ」の項目でパブリックにもチェックを付けます。


これでリモートデスクトップの設定は完了です。次にWireless Hosted Networkの設定です。まず、管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。


スタートボタンを右クリックして「コマンドプロンプト(管理者)」からでも起動できます。

netsh wlan set hostednetwork mode=allow ssid=SSID名 key=パスワード
netsh wlan start hostednetwork

のように2つコマンドを入力します。SSID名とはWiFiのアクセスポイントを検索した時に表示される名称のことです。WPA2という認証方式になるのでパスワードは8~63文字で設定します。例としてアクセスポイント名をLIVAREMOTE、パスワードをlivaliva に設定してみます。


これで完了です。ネットワーク接続にローカルエリア接続*4というのが出現します。これが仮想的なWiFiアクセスポイント(LIVA自身)ということになります。


これで、LIVAREMOTEというアクセスポイントができるので、タブレットなどでアクセスポイントを検索して、さきほど設定したパスワードで普通に接続します。とりあえずここまででタブレットとLIVAの間では通信できるようになりリモートデスクトップで接続可能です。LIVA側は192.168.173.1 というアドレスになるようです。


Wireless Hosted NetworkはDHCP機能も持っているので、タブレット側には192.168.173.xのIPアドレスが自動で割り当てられます。あとはタブレット側でリモートデスクトップアプリを起動して192.168.173.1に接続するだけです。

リモートデスクトップアプリについてはこちらにとても詳しく書かれています。
第1回 Android向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1311/06/news111.html

第2回 iOS向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1311/20/news120.html

次にインターネット接続ですがモバイルですとスマホのデザリングやモバイルルーターにWiFiで繋げるのが一般的でしょう。

LIVAのWiFiアダプターがWireless Hosted Networkでアクセスポイントになってるわけですが、クライアントとして同時使用もできるので、インターネットにはWiFiでデザリングやモバイルルーターに繋げばOKです。

ここで若干あれ?と思うのですが、LIVAとタブレット両方をスマホのデザリングやモバイルルーターにWiFiで繋げれば、結局家庭内でルーター(アクセスポイント)にアクセスしてるのと同じです。同じネットワークに置かれることになるわけで、LIVAとタブレット間で通信できるはずでWireless Hosted Networkを使う必要がないですよね。

スマホならデザリングでLIVAをインターネットに繋げつつ、リモートデスクトップも同時につなげばそれ1台で完結します。まあ、あくまでも今回はモニタとして使うのが目的ですから、他の機器を介さずにLIVAとタブレットが直接繋がってるのがポイントということで。

あと、普通Wireless Hosted Networkはアクセスポイントに繋いだ機器をインターネット接続するのが目的なのでここでインターネット接続の共有設定を行うのが普通ですが、今回タブレットはモニタとして使用するだけなのでこの設定はしなくてもOKです。

例えば、有線接続(Realtek PCIe Family..)でインターネットに繋がっている場合は、有線接続(Realtek PCIe Family..)の方のプロパティでインターネット接続の共有でローカルエリア接続*4を選択します。この場合はLIVAのIPアドレスは192.168.137.1になるようです。


さて、ここで問題点があります。Wireless Hosted Networkは設定をしても電源オフにすると消えてしまいます。モニタとして使用するには、電源スイッチを押してOSが起動したら自動的に設定が行われるようにする必要があります。

さきほどの2行のコマンドをテキストファイルにしてLIVAREMOTE.batとか適当なファイル名でバッチファイルに保存して、タスクスケジューラでコンピュータ起動時に管理者権限で実行するように登録するとよいでしょう。

LIVAの電源を入れて1分後くらいには接続できるようになります。

さっきも書きましたが、スマホのデザリングを使う場合は、Wireless Hosted Networkはいらなくて、スマホ1台だけでリモートデスクトップもデザリングも使用できそうです。

例えばiPhoneデザリングだとiPhone(親機)が172.20.10.1、子機(DHCP)が172.20.10.xになるそうなので、LIVAをデザリングでインターネットに繋ぎつつ、リモートデスクトップでは172.20.10.xに繋げば、iPhone1台でリモートデスクトップもインターネット接続も両方まかなえますね。


ECS LIVA特集

ECS LIVA特集 伝説のLIVA専用ゴム足


名前

Aerocool,6,Antec,8,CORSAIR,44,DMM,10,ECS,29,ENERMAX,5,GAINWARD,3,IM,1,LIVA,38,イベント,47,お題,5,お知らせ,5,コアァ~な話し,6,コラム,62,コンパニオン,4,ノベルティ,6,ハードなニュース,7,ぶらり旅,2,ライター宮川が検証!,5,リンクスアウトレット,30,レビュー,56,永野先生のイラスト教室,5,改造,20,海賊3兄弟,5,検証,17,資料,1,販売,24,未来PCパーツ予想図,3,
ltr
item
自作パソコンブログPCLINKS: ECS LIVA ワイアレス化!コマンドラインでゴニョゴニョやる変態編
ECS LIVA ワイアレス化!コマンドラインでゴニョゴニョやる変態編
ECS LIVA ワイアレス化後編、コマンドラインでゴニョゴニョやる変態編
http://4.bp.blogspot.com/-gdhFBwUQ3_E/VAVOwr35XwI/AAAAAAAASak/xiyAQlIUnRQ/s1600/PAK96_suieiboudanshi20140726500-thumb-1200x800-5229.jpg
http://4.bp.blogspot.com/-gdhFBwUQ3_E/VAVOwr35XwI/AAAAAAAASak/xiyAQlIUnRQ/s72-c/PAK96_suieiboudanshi20140726500-thumb-1200x800-5229.jpg
自作パソコンブログPCLINKS
http://www.pclinks.jp/2014/09/ecs-liva.html
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/2014/09/ecs-liva.html
true
2733683449366354762
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy