PC自作欲を刺激してやまないMicro-ATXケース Aerocool DS Cube Window 登場

おすすめ記事ピックアップ

物欲を刺激してやまないAerocool DS Cube Windowは、デザインは元より、搭載するファン/水冷/VGA/ドライブ構成を柔軟に搭載できます。久々に自作を堪能できる楽しすぎるケースです。カラーもバブルのように豪華6色展開です。

AmazonでDS Cubeをチェック


DS CUBEは、水冷や大型のVGAを搭載できる拡張性を備えたMicro-ATXケースです。幅265mm、奥行381mm、高さ411mmです。サイドパネルには、270mm×155mmのアクリルウィンドウが採用されています。

各方向から画像を見てみましょう。まず正面です。

斜上



メッシュに交換

ななめ後

内部

ケースのプラスチック部分には、さわり心地が滑らかな「leather Coating」が施されています。しっとりした質感があります。

フロントポートは、ケース上部に設置されています。電源、リセット、オーディオイン・アウト、USB3.0×2、USB2.0×2です。

ケース下部は、ゴム足に加えてアーチ型になってます。スタイリッシュなデザインと共に、ケース下部からの吸気も良さそうです。

トップパネルを交換することができます。静音性を重視する場合は遮音パネルを、冷却性を重視する場合はメッシュパネルに変更できます。メッシュタイプもカッコいいですね。静音性と冷却性のどちらの方向性を選択できるのは嬉しいです。

フロントのかっこいいエアーインテークは静音性を考慮して、縁に細かいスリットが入っています。フロントからのノイズ漏れを抑えます。

標準でフロントに200mmファン、リアに120mmファンを搭載しています。500RPMと900RPMと静音ファンです。ファンによる冷却が足りないと感じた時に交換や増設できます。無駄がありません。

電源ユニット部には、ゴムの設置台が採用されています。ケースに電源ユニットの振動が伝わりノイズとなるのを防ぎます。振動が発生する部分あちこちに、ゴムが使われています。

2.5インチ専用シャドウベイは、2つです。電源ユニットの横に設置できます。2.5インチのHDD/SDDを簡単に脱着できます。ココにもゴムが採用されています。HDDの振動がケースに伝わるのを抑えます。

電源の後ろ側には、2.5インチ/3.5インチシャドウベイが2つあります。HDDトレイが採用されています。こちらも簡単に装着、取り外しできます。3.5インチも搭載できます。

HDDトレイもゴム付きです。

マザーボードは、Micro-ATXもしくはMini-ITXを搭載できます。

内部スペースを広めに取ることで、VGA環境の拡張が柔軟にできます。3.5インチベイを取り外せば、320mmの大型グラフィックカードを装着できます。3.5インチベイを設置したままなら、255mmまでのグラフィックカードを装着できます。SLIやCrossfireを構築するのも面白そうです。

5インチベイ×1、3.5インチベイ×1を備えています。最近はどちらのベイも使用頻度が低くなっていますので、5インチベイも、3.5インチベイも1つ装着できれば十分とも言えます。

電源下部には、ダストフィルターが装着されています。ケースボトムからの吸気は、ホコリを吸い込みがちです。このフィルターがあるだけで、ずいぶんとホコリの侵入を防げます。

フロントファンには、200mmファンが標準で装備されていますが、120mmにしたり、140mmにしたり、柔軟に変更できます。

リアには、120mmファンが標準で装備されていますが、140mmに変更することできます。

トップパネル(天板)には、120ファンを2つ増設できます。こちらも柔軟に組み合わせを作ることができまして、トップパネルのリア側のファンなら140mmを搭載することでもできます。5インチベイを外すことで、140mmファンを2つ搭載することも可能です。

トップパネルのファンを使用しなければ、最大で200mmの高さのCPUクーラーを使用できます。トップパネルのファンを搭載する場合は、最大で190mmです。ハインドなCPUクーラーを選択できますね。

水冷ユニットの設置も柔軟です。排気をリア側にするかトップ側にするか選択できます。

CORSAIRの水冷一体型ユニット「H110」や「H100i」などのラジエーターも搭載可能です。※H110、H100i搭載時は5.25インチベイ、3.5インチベイの使用が制限されます。


自作PCの醍醐味とも言える、いろんな構成や組み合わせを考えられるPCケースに仕上がっています。カラーはブラック、ホワイト、ブラック&ホワイトがオススメです。他の色は好みがわかれるところです。



追伸:さらに自作欲望を刺激するケースファンも用意されています。カラーが4色です。珍しいカラーリングですよね。

さらにファンの裏側には、なんとつぶつぶ、黒い斑点がキモかわいいです。

某インカ王国みたいなテクノロジーを搭載しています。

効きそうな気がします。

このつぶつぶが、静かに空気をぴゅーと、送りだすんですね。

AmazonでDS Cubeをチェック

関連記事
ガッツリ組めるmicroATXケース「DS Cube Window」をチェック!
Aerocool DSファン ~ ファン裏のブツブツが印刷ではなかった新事実に迫る! 
PC自作欲を刺激してやまないMicro-ATXケース Aerocool DS Cube Window 登場

参考動画


名前

Aerocool,6,Antec,8,CORSAIR,44,DMM,10,ECS,29,ENERMAX,5,GAINWARD,3,IM,1,LIVA,38,イベント,47,お題,5,お知らせ,5,コアァ~な話し,6,コラム,62,コンパニオン,4,ノベルティ,6,ハードなニュース,7,ぶらり旅,2,ライター宮川が検証!,5,リンクスアウトレット,30,レビュー,56,永野先生のイラスト教室,5,改造,20,海賊3兄弟,5,検証,17,資料,1,販売,24,未来PCパーツ予想図,3,
ltr
item
自作パソコンブログPCLINKS: PC自作欲を刺激してやまないMicro-ATXケース Aerocool DS Cube Window 登場
PC自作欲を刺激してやまないMicro-ATXケース Aerocool DS Cube Window 登場
物欲を刺激してやまないAerocool DS Cube Windowは、デザインは元より、搭載するファン/水冷/VGA/ドライブ構成を柔軟に搭載できます。久々に自作を堪能できる楽しすぎるケースです。カラーもバブルのように豪華6色展開です。奥の方の黄色はゴールドです。DS CUBEは、水冷や大型のVGAを搭載できる拡張性を備えたMicro-ATXケースです。幅265mm、奥行381mm、高さ411mmです。サイドパネルには、270mm×155mmのアクリルウィンドウが採用されています。
https://3.bp.blogspot.com/-0dgee25jgFA/Us4LujRLQSI/AAAAAAAAPSE/jXXv_ZOQpYY/s1600/Be+cool++Be+Aerocool+.png
https://3.bp.blogspot.com/-0dgee25jgFA/Us4LujRLQSI/AAAAAAAAPSE/jXXv_ZOQpYY/s72-c/Be+cool++Be+Aerocool+.png
自作パソコンブログPCLINKS
http://www.pclinks.jp/2014/01/micro-atx-aerocool-ds-cube-window.html
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/2014/01/micro-atx-aerocool-ds-cube-window.html
true
2733683449366354762
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy