Select Menu


CORSAIRの新シリーズのゲーミングキーボードが発売されました。旧シリーズのK60と、新シリーズのK70の違いを比べてみました。今回のレビューで使用するキーボードですが、K70(CH-9000011-NA)は英語キーボードタイプです。K60(CH-9000004-JP)は日本語キーボードタイプです。同じタイプを準備できませんでした。キー以外はほぼ同じですので、ご了承ください。

ざっくりとK60とK70の大きな違いは、①K70はLEDがついた!②K70はすべてCherry MX Redキーになった!③USBレポートレートを4段階に変更できるスイッチがついた!④カラーリングがかっこよくなった!です。では実際に見て行きたいと思います。

キーの打感など、使い心地はK60もK70も同じだと思いますので、すでにあるK60のAmazon等レビューを参考にされると良いでしょう。K60のAmazonレビューはこちら

あと今だけK60の中古品(http://www.linksoutlet.jp/shopdetail/000000006460/)5,800円で販売中です。売切れ次第終了です。


CORSAIR Gaming Keyboards Vengeance K70
K70日本語キーボードタイプ型番:CH-9000011-JP
K70英語キーボードタイプ型番:CH-9000011-NA
⇒ K70の製品情報はこちら
⇒ K70をAmazonでチャックする


CORSAIR Vengeance Gaming Keyboard K60
日本語キーボードタイプ型番:CH-9000004-JP ※生産終了
英語キーボードタイプ型番:CH-9000004-NA ※生産終了
⇒ K60の製品情報はこちら
⇒ K60をAmazonでチャックする


まずパッケージから見てみましょう。K60の方がパッケージが大きいです。

左シルバーがK60、右ブラックがK70です。

フレームのサイズや形も一緒です。左K60、右K70です。

キーのレイアウトも同じです。こちらはK60。※日本語キーボード

こちらはK70です。※英語キーボード

テンキーも同じです。K60。

テンキー K70。

USBケーブルの長さも一緒です。コネクタのカラーリングだけ異なります。K60が青。K70が赤です。

さて、違いを見て行きます。キーボードの右上にあるマルチメディアキー、ボリュームコントローラー、Windowsロックキーは同じですが、K70はその左側にボタンが追加されています。

追加された2つのボタンは、LEDバックライトの制御ボタンです。左側が発光パターンの操作、右側がLEDのON/OFF操作です。ユーチューブに詳しい説明がありますので参考ください

K70には、キーボードの上側側面に4段階の設定スイッチが追加されました。上K70、下K60です。

BIOS 1234と印字されています。レポートレートを4段階に変更できます。4段階は、1000Hz/500Hz/250Hz/125Hzです。125Hzが標準的なUSBレポートレートですから、最大で8倍高速なレポートレートに設定できます。

次は裏側を見てみます。パームレフトを付ける部分が違います。こちらはK60です。

K70は、2箇所に溝があります。詳しく後ほど。

K60は、キーの裏にLEDがありません。

K70は、LED搭載になりました。

K60は、使用頻度の低いESC、F1~F12、PrintScreenやPagedownなどの9個のキーはメンブレンです。

K70は、すべてCherry MX Redキーです。よりパワーアップしていますね。

良く見るとキー自体にちょびっと違いがあります。(※ロットや英語/日本語タイプよる違いだったらごめんなさい)。左K60のキーは光沢がありますが、右K70はマットな感じです。K70の方が断然かっこいいですね。

K70にK60のキーをハメ込み、比較した画像です。Tab W Q がK60のキ―です。テッカっとしています。

こちらはその反対。K70にK60のキーをハメ込み比較した画像です。写真では微妙ですが、この違いは大きいですね~。

付属品を見てみます。上がK60です。下がK70です。パームレストと色違いのキーが付いてい点は同じです。形状や色がちょっと異なります。

K60は、パームレストの中にキーが収納できます。素敵です。

キーを取り外すツールも、パームレスト蓋側についています(K60)。

蓋を貝のように合わせると、パームレストになります。いいですね!

K70は、パームレストに収納できません。残念です。キーはレバーのように袋に入っています。

K70の同梱キーは、落ち着いた色合いです。クールなカラーです。

K70のパームレストは、長くなりました。

それぞれ装着した感じはこんなんです。

K60のパームレスト。

K60、K70も同じ質感のパームレフトです。手触りは悪くありません。高級なゴム(もしくはプラスチック)といった感じです。


ちなみにK70の裏側の右には、K60のパームレフトを装着することができます。オプションか何かで入手できるのかもしれませんね。もしくは海外だと、同梱のパームレフトが違うのかもしれません。

K70もこんな感じでK60のパームレフトを装着できます。

K70はデザインが良くなってますね。うんうん。

・CORSAIR Gaming Keyboards Vengeance K70
K70日本語キーボードタイプ型番:CH-9000011-JP
K70英語キーボードタイプ型番:CH-9000011-NA
⇒ K70の製品情報はこちら
⇒ K70をAmazonでチャックする

・CORSAIR Vengeance Gaming Keyboard K60
日本語キーボードタイプ型番:CH-9000004-JP ※生産終了
英語キーボードタイプ型番:CH-9000004-NA ※生産終了
⇒ K60の製品情報はこちら
⇒ K60をAmazonでチャックする


「CORSAIR K70とK60」もらえる。レビュアー募集!


実際にCORSAIRキーボードK70とK60をさわってレビューしませんか。CORSAIRキーボードK70とK60をレビューしたい人を募集します。レビュー後は、そのままK70とK60をプレゼントいたします。ご自身のブログ、Twitter、何かしらのレビューサイトへ投稿していただける方に限ります。

レビュアー応募の参加方法は、下記の○○○をオモシロくつぶやいた方の中から、抽選で1名様を選びます。大喜利形式です。K70とK60は本記事で利用した開封品となります。予めご了承ください。

もっと詳しく見たい人はメーカ動画






安い小型PC&省エネ節電パソコンLIVA、法人パソコンとして人気!


6 コメント:

  1. レビューの方法が不明、K70だけでも欲しい。

    返信削除
  2. 是非、レビューさせて下さい。
    価格ドットコム
    ツイッター
    youtube
    アメブロ
    でレビューさせて頂きます。
    ご検討のほど、よろしくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. ご連絡遅くなりました。商品提供にあたり、ある程度の評価できる実績が必要とのことです。実績があれば、踏まえてメーカへ確認しまして、商品提供できる可能性があるとのことです。

      削除
  3. ご連絡ありがとうございます!広報部にいったん確認を取りますので、ちょっとお待ちくださいませ。
    また、もしよろしければこちらに登録ください。http://www.pclinks.jp/p/1000.html

    返信削除
  4. k70が前から気になっていたため、レビューをしたいと思っています。
    クランのホームページや、自身のブログ。
    にてレビューさせていただきたいです。

    返信削除
    返信
    1. ご連絡遅くなりました。商品提供にあたり、ある程度の評価できる実績が必要とのことです。実績があれば、踏まえてメーカへ確認しまして、商品提供できる可能性があるとのことです。

      削除

 
Top