CORSAIRキーボードK70とK60の違い

おすすめ記事ピックアップ

CORSAIRの新シリーズのゲーミングキーボードが発売されました。旧シリーズのK60と、新シリーズのK70の違いを比べてみました。今回のレビューで使用するキーボードですが、K70(CH-9000011-NA)は英語キーボードタイプです。K60(CH-9000004-JP)は日本語キーボードタイプです。同じタイプを準備できませんでした。キー以外はほぼ同じですので、ご了承ください。

ざっくりとK60とK70の大きな違いは、①K70はLEDがついた!②K70はすべてCherry MX Redキーになった!③USBレポートレートを4段階に変更できるスイッチがついた!④カラーリングがかっこよくなった!です。では実際に見て行きたいと思います。

キーの打感など、使い心地はK60もK70も同じだと思いますので、すでにあるK60のAmazon等レビューを参考にされると良いでしょう。


AmazonでCORSAIRキーボードをチェックする


CORSAIR Gaming Keyboards Vengeance K70
K70日本語キーボードタイプ型番:CH-9000011-JP
K70英語キーボードタイプ型番:CH-9000011-NA


CORSAIR Vengeance Gaming Keyboard K60
日本語キーボードタイプ型番:CH-9000004-JP ※生産終了
英語キーボードタイプ型番:CH-9000004-NA ※生産終了


まずパッケージから見てみましょう。K60の方がパッケージが大きいです。

左シルバーがK60、右ブラックがK70です。

フレームのサイズや形も一緒です。左K60、右K70です。

キーのレイアウトも同じです。こちらはK60。※日本語キーボード

こちらはK70です。※英語キーボード

テンキーも同じです。K60。

テンキー K70。

USBケーブルの長さも一緒です。コネクタのカラーリングだけ異なります。K60が青。K70が赤です。

さて、違いを見て行きます。キーボードの右上にあるマルチメディアキー、ボリュームコントローラー、Windowsロックキーは同じですが、K70はその左側にボタンが追加されています。

追加された2つのボタンは、LEDバックライトの制御ボタンです。左側が発光パターンの操作、右側がLEDのON/OFF操作です。ユーチューブに詳しい説明がありますので参考ください

K70には、キーボードの上側側面に4段階の設定スイッチが追加されました。上K70、下K60です。

BIOS 1234と印字されています。レポートレートを4段階に変更できます。4段階は、1000Hz/500Hz/250Hz/125Hzです。125Hzが標準的なUSBレポートレートですから、最大で8倍高速なレポートレートに設定できます。

次は裏側を見てみます。パームレフトを付ける部分が違います。こちらはK60です。

K70は、2箇所に溝があります。詳しく後ほど。

K60は、キーの裏にLEDがありません。

K70は、LED搭載になりました。

K60は、使用頻度の低いESC、F1~F12、PrintScreenやPagedownなどの9個のキーはメンブレンです。

K70は、すべてCherry MX Redキーです。よりパワーアップしていますね。

良く見るとキー自体にちょびっと違いがあります。(※ロットや英語/日本語タイプよる違いだったらごめんなさい)。左K60のキーは光沢がありますが、右K70はマットな感じです。K70の方が断然かっこいいですね。

K70にK60のキーをハメ込み、比較した画像です。Tab W Q がK60のキ―です。テッカっとしています。

こちらはその反対。K70にK60のキーをハメ込み比較した画像です。写真では微妙ですが、この違いは大きいですね~。

付属品を見てみます。上がK60です。下がK70です。パームレストと色違いのキーが付いてい点は同じです。形状や色がちょっと異なります。

K60は、パームレストの中にキーが収納できます。素敵です。

キーを取り外すツールも、パームレスト蓋側についています(K60)。

蓋を貝のように合わせると、パームレストになります。いいですね!

K70は、パームレストに収納できません。残念です。キーはレバーのように袋に入っています。

K70の同梱キーは、落ち着いた色合いです。クールなカラーです。

K70のパームレストは、長くなりました。

それぞれ装着した感じはこんなんです。

K60のパームレスト。

K60、K70も同じ質感のパームレフトです。手触りは悪くありません。高級なゴム(もしくはプラスチック)といった感じです。


ちなみにK70の裏側の右には、K60のパームレフトを装着することができます。オプションか何かで入手できるのかもしれませんね。もしくは海外だと、同梱のパームレフトが違うのかもしれません。

K70もこんな感じでK60のパームレフトを装着できます。

K70はデザインが良くなってますね。うんうん。

名前

Aerocool,6,Antec,8,CORSAIR,44,DMM,10,ECS,29,ENERMAX,5,GAINWARD,3,IM,1,LIVA,38,イベント,47,お題,5,お知らせ,5,コアァ~な話し,6,コラム,62,コンパニオン,4,ノベルティ,6,ハードなニュース,7,ぶらり旅,2,ライター宮川が検証!,5,リンクスアウトレット,30,レビュー,56,永野先生のイラスト教室,5,改造,20,海賊3兄弟,5,検証,17,資料,1,販売,24,未来PCパーツ予想図,3,
ltr
item
自作パソコンブログPCLINKS: CORSAIRキーボードK70とK60の違い
CORSAIRキーボードK70とK60の違い
CORSAIRの新シリーズのゲーミングキーボードが発売されました。今日は旧シリーズのK60と、新シリーズのK70の違いを調べてみたいと思います。どちらも日本語と英語キーボードタイプが用意されています。 ・CORSAIR Gaming Keyboards Vengeance K70 日本語キーボードタイプ(CH-9000011-JP) 英語キーボードタイプ(CH-9000011-NA) ・CORSAIR Vengeance Gaming Keyboard K60 日本語キーボードタイプ(CH-9000004-JP) ※生産終了 英語キーボードタイプ(CH-9000004-NA) ※生産終了
https://2.bp.blogspot.com/-KDZxeDtW0qE/Uo2zUhUpm_I/AAAAAAAAOuA/SaxL5rhXc2E/s320/K70-8.jpg
https://2.bp.blogspot.com/-KDZxeDtW0qE/Uo2zUhUpm_I/AAAAAAAAOuA/SaxL5rhXc2E/s72-c/K70-8.jpg
自作パソコンブログPCLINKS
http://www.pclinks.jp/2013/11/corsairk70-k60k70.html
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/2013/11/corsairk70-k60k70.html
true
2733683449366354762
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy