”エネ水は,冷える”という噂を検証

おすすめ記事ピックアップ

”エネ水”こと,ERENMAX製の一体型簡易水冷CPUクーラーELC120-TAです.





いつものリンクスアウトレットJUNK品です. おそらく,メディア返却品だと思います.傷,汚れ,ラジエーターフィンの破損などありますが,性能には問題無いレベルで,欠品はありませんでした.


ELC120-TAは,120mmタイプの薄型ラジエーター採用で,Blue-LEDデュアルファン仕様です. 
特許を取得した独自の冷却システムQSC technologyの効果が期待できます. 



まず,各パーツの確認です. 
一体型クーラー,ファン2ヶ,バックプレート,固定用ブラケット,固定ネジ類,マニアル(多言語)です. 
ラジエーターファンの固定ネジは,デュアル用とシングル用の2種類が用意されています. 





ELC120は,HPなどの情報ではウォーターブロック部に特徴(QSC technology)がありますが,内部構造なので確認は出来ません.また,このウォーターブロック部にはSWやLED表示類は一切無く,シンプルです. 




他のパーツは,一般的な簡易水冷と変わらず,バックプレート,ブラケット,スプリング付きネジによる固定となります 





ただ,このスプリング付きネジのテンションが高いので,バックプレート上のナットに固定するのに,少々苦労します. 
このため,CORSAIRの水冷クーラーに比べると,設置に時間がかかります. 
ENERMAXには,ETD-T60-VDなどで実績のあるバックプレート固定方法があるので,この方法を採用して欲しかったです. 
水冷チューブは,蛇腹形状ですが,比較的柔らかく,取り回しは楽です. 

電源は,マザーボードのCPUファン端子4ピンから一括で取ることが出来ます.4ピンの内,12V電源がウォーターポンプへ,他の4ピンがPWMファンへ延び,2分割されてラジエーターファンに接続されます. 

バックプレートの表裏さえ気をつければ,マニアルが無くても設置可能なレベルです.マザーボードをPCケースに設置したままの状態で,だいたい15分くらいで,交換可能です. 



JUNK品なので,取り付ける前に,動作確認してみます(これ,重要です). 



ENERMAXお得意のBlue-LEDがとても綺麗に映えます.この状態でのファンノイズですが,サイレントモード(1500rpm)は,非常に静か,パフォーマンスモード(1800rpm)は普通のクーラー並みで許容範囲,ターボモード(2200rpm)は残念ながらうるさいです.このターボモードを常用するのは厳しいですが,高負荷時のみであれば,仕方ないかなと思えるレベルです. 

ちなみに,ENERMAXのTB.SilenceであるUCTB12P(500~1500rpm)に交換してみましたが,最大でもサイレントモードと同じであるため,非常に静かです(当たり前でした). 



ただ,ちょっと残念なのは,この切替SWが軸部にあるため,ラジエーターやPCケースに設置した後では変更することは出来ません.設置する前に,設定をしなければなりませんので,組み込む前に一度動作確認し,ノイズチェックすることをお勧めします(この場合でも,片側はラジエーターから取り外さないと変更できませんが). 

では,冷却性能を見ていきます. 
今回は,海賊3兄弟の末男(CORSAIR 400R)に設置しました.この末男のみ,空冷のHyper612Pが取り付けられていましたので,ELC120-TAへの交換で,3兄弟全員が水冷になりました. 
検証は,PCケース内設置(扉は全閉)で,ケースファンは静音設定のまま,OCCT(CPU)の負荷をかけて,CPU温度をHWMonitorで読み取ります. 






ラジエーターファンの設定は,Low(30%),Mid(60%),High(100%)とし,F-Steam Tuningから設定しています.電源は,マザーボードのCPUファン端子4ピン側から取ります. 
注意点としては,CPUファン端子が3ピンの場合,ELC120-TAは,ウォーターポンプとラジエーターファンの電源が同一なため,CPUファン電源から取ると,ウォーターポンプの出力も低下してしまいます.CPUファン端子が3ピンで,マザーボード制御させる場合には,ラジエーターファンのみCPUファン端子に接続し,ウォーターポンプ電源は4ピンペリフェラル-3ピンファン端子変換コネクタ等で,直接12Vを確保してください. 


それでは,結果です.±1℃くらいの誤差があることを念頭にお願いします. 




一言で言うと,Hyper612Pより,ELC120-TAの方が冷えます.4.6GHzのOC設定でも運用可能な実力があります. 
なお,常時Highでは,うるさいですが,ファンコントロールを上手く使うことで,気にならないと思います.MidとHighの差があまり大きくないので,静音にこだわるならMid設定でも良いと思います. 



ELC120-TAは,120mmタイプで,しかも薄型ラジエーターですので,非常に設置しやすいです.デュアルファンで干渉する場合には,シングルファンでの運用も可能ですから,ELC120-TAは非常に設置自由度が高く,その割によく冷える一体型簡易水冷CPUクーラーだと言えます. 



冷却性能以外にも,ELC120-TAはENERMAXお得意のLEDファンが綺麗ですので,ドレスアップにも最適だと思います.
設置制限が無く,よく冷えて,静かな運用が可能で,しかもドレスアップが可能な水冷クーラーだと言えます.




※今回のレビューは,H87でK付きCPUをOCしています.これは,ASRockのNon-Z OCによるもので,将来にわたりOCの保証はありません.なお,OCは,自己責任です.パーツの破損の可能性があり,メーカーの保証は受けられなくなります.

名前

Aerocool,6,Antec,8,CORSAIR,44,DMM,10,ECS,29,ENERMAX,5,GAINWARD,3,IM,1,LIVA,38,イベント,47,お題,5,お知らせ,5,コアァ~な話し,6,コラム,62,コンパニオン,4,ノベルティ,6,ハードなニュース,7,ぶらり旅,2,ライター宮川が検証!,5,リンクスアウトレット,30,レビュー,56,永野先生のイラスト教室,5,改造,20,海賊3兄弟,5,検証,17,資料,1,販売,24,未来PCパーツ予想図,3,
ltr
item
自作パソコンブログPCLINKS: ”エネ水は,冷える”という噂を検証
”エネ水は,冷える”という噂を検証
http://2.bp.blogspot.com/-pVHuKJ22N60/UlFVRQqaywI/AAAAAAAAASE/lzO5Tjt-MuQ/s1600/IMG_2861.JPG
http://2.bp.blogspot.com/-pVHuKJ22N60/UlFVRQqaywI/AAAAAAAAASE/lzO5Tjt-MuQ/s72-c/IMG_2861.JPG
自作パソコンブログPCLINKS
http://www.pclinks.jp/2013/10/blog-post.html
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/2013/10/blog-post.html
true
2733683449366354762
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy