GamingシリーズのミドルタワーケースELEVEN HUNDREDのご紹介

おすすめ記事ピックアップ

前回のP280に引き続き、Eleven Hundredのブログが投稿されていたので紹介します。Eleven HundredもP280同様、使い勝手が良いという点にフォーカスしているようです。静音ならP280、冷却ならEleven Hundredで使う用途に応じて選べますね。ハイエンド志向な私としては、冷却が優れたEleven Hundredで今度組んでみたいと思います。フル水冷でマルチグラフィックスの環境を構築すると、VGAの冷却が少し不安になりますが、Eleven Hundredはサイドパネルにファンマウントがついているので、安心して使えそうです。

参照元:http://blog.antec.com/cases/introducing-the-advanced-gaming-authority-the-eleven-hundred-mid-tower-chassis/

進化したミドルタワーのGamingシリーズEleven Hundred
先日発売されたPerformance OneシリーズP280の発売されたことはご存じの通りで、AntecのPerformance Oneシリーズとして、どのようにして再定義されたかご理解いただけたと思います。まだご存じないかもしれないのは、AntecのGamingシリーズで、P280と同様に革新をもたらしてくれるケースがあることです。ここでご紹介したいのが、Eleven Hundredです!







ミドルタワーのサイズでありながら、スリムなデザイン、ハイパフォーマンスであり、使い勝手が良い特徴を備え、Antec Qualityを持ち合わせています。味方を呼び集め、敵を恐怖に脅かします。でもEleven Hundredは13,800円と財布に優しいです。

AntecのGamingシリーズは特定の理由からとても有名です。それとはとてもかっこいいからです。従来のNine Hundredや最も売れているThree Hundredも似たような特徴を備え、更にお金をかけたり、苦労しなくとも熱くなるデバイスを冷却します。Eleven Hundredも全く同じです。全てを備え、それ以上に沢山のことができます。







Gamingシリーズの中で、Eleven Hundredは、巨大なフルタワーケースTwelve Hundredよりサイズは劣りますが、XL-ATX規格の強烈なサイズのマザーボードに対応します。それだけでは十分じゃない?拡張スロットを9個備え、4枚のグラフィックスカードを搭載することができます。マザーボードトレーのケーブル配線用のスペースを設けているので、汚い配線配線とはおさらばです。ミドルタワーという制限された中で作業する上で、Eleven Hundredは沢山のスペースがあることは確実にいえることです。

さて、Eleven Hundredは沢山のスペースがあるということはお見せしました。Eleven Hundredは、使い勝手が良くなる要素を沢山備えています。バトルフォールド3でヘッドショットするための器用さは必要なく、24ピンケーブルを配線するための最適な方法を考えなくていいのです。それを実現するために様々なことをしました。







まずはフロントベゼルはドライバーを使うことなく、下側から手間に引くことで取り外すことができます。従って、時間をかけずにフロントのエアフィルターにアクセスしたり、ファンを追加することができます。また、Gamingシリーズとしては初めてですが、電源エリアのエアフィルターも分解したりケースを傾けることなく、簡単にアクセスすることができます。

ケーブルも配線しやすくなり、より早くきれいにシステムを組み立てることができます。静音重視のP280同様に、考えられたスペースに6つのケーブルホールを備え、内4つがゴム製のグロメットがついています。全てのホールは特定の意図があって設置されています。8ピンのマザーボードコネクターにはじまり、下の2つのホールは電源ユニットから設置されるマザーボードやドライブに配線されるケーブル全てを調整します。

私のようにケースのネジをすぐに無くしてしまい、新しいドライブを設置するたびにドライバーを探している方に朗報です。Eleven Hundredの3.5と5.25インチベイは完全にツールレスです。光学ドライブはスライドさせてロックをかけるだけ、専用レールをHDDに付けるだけで設置できます。







使い勝手が良くなったEleven Hundredのパフォーマンスは落ちてしまったのではないか?そんな質問に対して、断固としてNOと返答します。Eleven Hundredは、合計9つのファンマウントを強烈な冷却性能を備えています。また、大きなCPUカットアウトにより、AntecのKuhler-H2Oを含め将来発売されるCPUクーラーも簡単に設置でき、冒頭で触れたように、3枚、4枚のグラフィックスカードを構成することができます。また忘れてはいけないのが、マザーボードの内部コネクタに対応したUSB 3.0ポートをフロントに備えています。高速な転送速度で前の規格には戻れなくなります。

Gamingシリーズのケースのあるべき姿を損なうことなく、使い勝手の良いケースを目指しました。またスリムで見た目に美しくだけなく、何にでも対応できるパワフルな特徴を備えています。きっと、この革新的なAntec Gamingシリーズを気に入っていただけると思います。皆様のフィードバックをお待ちしています!
名前

Aerocool,6,Antec,8,CORSAIR,44,DMM,10,ECS,29,ENERMAX,5,GAINWARD,3,IM,1,LIVA,38,イベント,47,お題,5,お知らせ,5,コアァ~な話し,6,コラム,62,コンパニオン,4,ノベルティ,6,ハードなニュース,7,ぶらり旅,2,ライター宮川が検証!,5,リンクスアウトレット,30,レビュー,56,永野先生のイラスト教室,5,改造,20,海賊3兄弟,5,検証,17,資料,1,販売,24,未来PCパーツ予想図,3,
ltr
item
自作パソコンブログPCLINKS: GamingシリーズのミドルタワーケースELEVEN HUNDREDのご紹介
GamingシリーズのミドルタワーケースELEVEN HUNDREDのご紹介
http://2.bp.blogspot.com/-jWvyjWjZRvs/Tti4hQ2SInI/AAAAAAAAAVM/CJk09fA9GZM/s400/eleven_hundredcover.jpg
http://2.bp.blogspot.com/-jWvyjWjZRvs/Tti4hQ2SInI/AAAAAAAAAVM/CJk09fA9GZM/s72-c/eleven_hundredcover.jpg
自作パソコンブログPCLINKS
http://www.pclinks.jp/2011/12/gamingeleven-hundred.html
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/2011/12/gamingeleven-hundred.html
true
2733683449366354762
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy