CORSAIR ゲーミングマウスM60をオフィス仕様にしたら捗った

おすすめ記事ピックアップ

◆PM18:00 シャットダウン速攻帰宅機能


ええ、そうなんです。CORSAIR ゲーミングマウスM60(以下M60)をオフィス仕様にしたら仕事が捗りました。M60の仕様はこちら(http://linksevent.blogspot.com/2011/12/corsair-m60-2.html)です。一言でいうなら高性能ですね。


3枚のボディがかっこいいマウスM60


ゲームでも高性能なら、仕事で使っても高性能なはずだ!!!と確信しましてサンプルを頂きました。こっそり使っています。


持つところは、ざらざらして、心地よいグリップ感あり


M60の使い心地は、親指と小指があたる部分が、ざらざらして持ちやすく、全体的にアルミ素材で出来ているので、ガッチリしています。マウスの底にはテフロンシート(みたいな)が5枚も付いているので、スイスイ動きます。


眉毛、もみ上げ、髭部分のシートにより、スイスイ動く


メーカサイト(http://www.corsair.com/vengeance-m60-performance-fps-laser-gaming-mouse.html)から、Vengeance M60 Mouse Setup Software V1をダウンロードすると、M60 Mouse Configurationという設定ソフトを入手できます。


ボタンの割り当てや、DPIの設定など行えます。ボタンの割り当てに注目してみます。簡単に説明すると、マウスの1番~8番の役割変更を設定できます。1番左クリック、2番右クリック以外は、自由に割り当てできるってことです。


1番から8番に役割を割り当てることができます。


割り当ては、キーを入力して記憶する方法と、オプションから特定の動作を選び設定する方法があります。例えば、キーを入力して記憶する方法なら↑↑↓↓→←エンター!たたーん!といった設定をボタンに割り当てすれば、ワンクリックで、その動作が実現します。


(以下参考画像は、すでに割り当て済みです。)


録画中にキーを押すと、簡単に設定できます。機能も豊富。


オプションから特定の動作は、沢山用意されているで安心です。


コピーやペースト、カットなど、よく使う機能が用意されています

ウィンドウを閉じたり、PCをしたり、実行したり、進んだ機能もあります

ブラウザーでの戻るやスクロールなどもあります。

DPIの変更などもあります


この機能を使って、さっそくオフィス仕様にしてみましょう。変更したい番号をクリックして「MR」をクリックすると、キーの録画が開始されます。驚くほど簡単です。APPLYで適用するとすぐ、マウスに反映されます。


MRを押すと録画開始です


やはり8番には、仕事で一番大切な!シャットダウン速攻帰宅機能を装備したいと思います。獲物を狙い一発でしとめるスナイパーボタンに最適な設定です。確実にパソコンを落とし、帰宅する決意のボタンとも言えるでしょう。


ちなみにOSはWindows7です。Webでショートカットの情報を調べて見ると、ウィンドウズボタン(ロゴのボタン)を押し、→、エンター、でシャットダウンができることがわかりました。正確にはショートカットではなく、ウィンドウズメニューを開き、→を押すことで、シャットダウンにカーソルが進み、エンターで実行させる仕組みです。




設定しても、うまく動きません。なぜなのだ・・・シャットダウン速攻帰宅機能は許されないことなのかと、悩みつつ、どうも超高速で自動入力されるようで、ウィンドウズボタンのあと→の入力が反応していないことに気がつきました。


Delay Optionsにて、ウィンドウズボタンのあと300msの遅延を設定したら、シャットダウン速攻帰宅機能が実装されました!!!!!


遅延をいれて入力間隔を調整できます


さっそくボタンをクリックしてみましょう。瞬時にシャットダウンしました。帰らねば・・・シャットダウン速攻帰宅機能により、さっそうと帰宅できました。すばらしい。


この赤いボタンを押すだけで、帰宅できます。







◆AM9:00  瞬間ブラウザーの立ち上げ機能&瞬間クローズウェインドウ


M60をオフィス仕様にしたら、定時で仕事が終わったので、朝もオフィス仕様の機能を実装したいと思います。

仕事の最初作業を4番に設定します。瞬間ブラウザーの立ち上げ機能です。ブラウザーのショートカットをクリックしていたら、日が暮れてしまいます。私は華麗に、ワンボタンでブラウザーを立ち上げます。


初期設定ではDPIのアップですが、ブラウザーの立ち上げを設定します


設定は、ウィンドウズボタンでスタートメニューを開き、すべてのプログラムの一番目に、ブラウザーを移動させて置き、ウィンドウズボタン+遅延+↑↑+エンターで実行できます。もちろんスカイプや、業務ソフトを設定することも可能でしょう。




情報時代ですので、最新のニュースや動向を探るとしましょう。なになに、中二の進研ゼミwww。げんじつが あらわれた。だと。。。お前ら今すぐ50円玉確認しろ!!!!。。ムムム。


そうしている内に、社内が忙しくなります。そんな時のために、3番には瞬間魔法のクローズウェインドウを実装しておきました。ワンタッチで、瞬時に開いていたウェインドウが閉じる魔法です。ムムムと来たら、瞬時にウェインドウ閉じましょう。


オプションからブラウザーのクローズを設定します


オフィス仕様を実装する前は、スタートメニューを開いて、シャットダウンまでカーソルを動かしたり、ショートカットのアイコンを探して、ブラウザーを立ち上げたり、閉じるときは×印まで、カーソールを動かし閉じていたのが、すべてマウスのボタンだけで、できるようになりました。


設定次第で、さらに素晴らしい技も実装できることでしょう。そんな貴方にM60をおすすめいたしますよ。






◆おまけ
ウィンドウズボタン同時押しで→や←を設定すると、ウェインドウを、画面の右50%、画面の左50%に、移動できます。意外と便利です。





名前

Aerocool,6,Antec,8,CORSAIR,44,DMM,10,ECS,29,ENERMAX,5,GAINWARD,3,IM,1,LIVA,38,イベント,47,お題,5,お知らせ,5,コアァ~な話し,6,コラム,62,コンパニオン,4,ノベルティ,6,ハードなニュース,7,ぶらり旅,2,ライター宮川が検証!,5,リンクスアウトレット,30,レビュー,56,永野先生のイラスト教室,5,改造,20,海賊3兄弟,5,検証,17,資料,1,販売,24,未来PCパーツ予想図,3,
ltr
item
自作パソコンブログPCLINKS: CORSAIR ゲーミングマウスM60をオフィス仕様にしたら捗った
CORSAIR ゲーミングマウスM60をオフィス仕様にしたら捗った
http://2.bp.blogspot.com/-ULC-973vvH0/Tuf3x0cJ5bI/AAAAAAAAHxM/-rrggzeJXQ0/s400/m60_top_lit.png
http://2.bp.blogspot.com/-ULC-973vvH0/Tuf3x0cJ5bI/AAAAAAAAHxM/-rrggzeJXQ0/s72-c/m60_top_lit.png
自作パソコンブログPCLINKS
http://www.pclinks.jp/2011/12/corsair-m60.html
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/2011/12/corsair-m60.html
true
2733683449366354762
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy