Antec Performance OneシリーズのミドルタワーケースP280のご紹介

おすすめ記事ピックアップ

最近ANTECのケースから大人気のシリーズ、Performance OneシリーズP280が発売されました。メーカからP280のブログが掲載されていたので、ご紹介します。このP280では、これまでの静音性を引き継ぎながら、使い勝手の部分にかなり力を入れたようです。ビギナーのかたから上級者の方まで幅広いユーザーニーズに応えたケースに仕上がっています。

参照元:http://blog.antec.com/cases/introducing-the-antec-performance-one-p280-mid-tower-chassis/

P180、P182、P183。過去に成功してきた歴代シリーズのケースに新しい仲間を入れることは慎重になります。シリーズで引き継がれた一部の特徴が新ケースでは著しく異なっている場合など特にです。そのようなジレンマでメーカーはどうするでしょうか?答えは、同シリーズで新しいケースを発売します。

今日は、喜んでP280をご紹介したいと思います。このケースは、AntecのQuiet Computing、ハイパフォーマンス、使い勝手が良い、そしてAntec Qualityの全てを備えたケースです。これらを全てお手頃な価格で手に入れることができます。







P280以前のモデルは、特定の重要な要素を備えています。他と比べて際だっています。最高の部材により組み上げられ、最小のノイズレベルで最新のパーツを搭載することができます。P280も例外ではありません。2層パネル、3層ドア、9つの拡張スロットを備え、最大で330mm幅のグラフィックスカード、XL-ATX規格のマザーボードを搭載することができます。

しかし、これまでのPerformance Oneシリーズにはない、2つの要素がP280には備わっています。それとは、使い勝手が良いことと、そして求めやすいという点です。価格については冒頭で既にお伝えしました。なのでハード面で何が得られるのかを見ていきます。まず、私が定義する使い勝手が良いとはどういうことか?それとは組み上げる、何かを加える、何かを減らす、もしくはメンテナンスを行う上での作業への影響です。簡単にいうと、アップグレードする時、組み上げ作業がま〜ま〜から楽しくなる特徴を備えているかです。ここがP280が他のPerformance Oneと異なる点です。設計の段階でディテールに拘りました。







例えば、エアフィルターは掃除やアクセスするのが大変だと良く聞きます。P280を設計する際、フロントのインテークと電源ユニットエリアに搭載されているフィルターがツールレスでケースを動かさなくてもいいように要求しました。他メーカーのケースでは、ケースを動かしたり、ケースを反対にしなければ電源ユニットエリアのエアフィルターを取り外せません。P280は、サイドから最もアクセスしやすいところから取り外すことができます。フロントのフィルターはフロントのドアを開けるのと同じぐらいに簡単です。他のモデル同様、ドアは270°開閉します。フロントドアについて、電源やリセットスイッチを押すのにわざわざドアを開けたくない人に朗報です。両スイッチはトップのI/Oパネルの近くに移動しました。I/Oパネルは、内部コネクタを利用できるUSB 3.0ポートを2個搭載しています。これについても遠慮なく喜んでください。







次に最も熱いトピックであるケーブル配線です。P280は6つのケーブルホールがあり、内4つがグロメットされています。ケーブルホールは適当に穴が空いているのではなく、意図した位置に空いています。8ピンコネクター用のホールからはじめまり、ボトムの2つのホールは必要な電源ケーブル全てをマザーボードトレーの裏側で調整できます。







全ての電源ケーブルはマザーボードトレーの裏側に納めると思いますので、スペースが必要になります。P280は30mm幅のスペースを確保しているので、24ピンの太いケーブルに加え数本のケーブルを納めることができます。パンパンになったスーツケースの上に座ってロックをかけるように、サイドパネルに座ってネジを押し込める必要がなくなりました。例えばが大げさすぎましたね(笑)でも伝えたいことはご理解いただけたと思います。

これだけではないですよね?P280にはブログが書けるほど他にもっともっと特徴があります。ファンを接続できるファンパワーハブを搭載しており、3ピン接続のファン4つをペリフェラルピン1個に接続できます。これでケーブルに配線もより簡単になります。5.25インチベイはツールレスです。ドライブトレーはシリコングロメットを備え、3.5インチと2.5インチ両方が搭載できます。また、2.5インチ用のスロットを備え、ネジ1本で固定することができます。CPUのカットアウトも極限まで切り抜かれ、より多くのCPUソケットやマザーボードに対応できます。







最後に、P280のミドルタワーケースは、全く白紙のキャンバスにみなさんが絵を描いてもらえるように、自由に、きれいなシステムが楽しんで組み上げられるケースであると認識しています。下記の画像以上にきれいなシステムを組み上げられると思いますが、僕以上に楽しんで組み上げられる人はいるでしょうか?
名前

Aerocool,6,Antec,8,CORSAIR,44,DMM,10,ECS,29,ENERMAX,5,GAINWARD,3,IM,1,LIVA,38,イベント,47,お題,5,お知らせ,5,コアァ~な話し,6,コラム,62,コンパニオン,4,ノベルティ,6,ハードなニュース,7,ぶらり旅,2,ライター宮川が検証!,5,リンクスアウトレット,30,レビュー,56,永野先生のイラスト教室,5,改造,20,海賊3兄弟,5,検証,17,資料,1,販売,24,未来PCパーツ予想図,3,
ltr
item
自作パソコンブログPCLINKS: Antec Performance OneシリーズのミドルタワーケースP280のご紹介
Antec Performance OneシリーズのミドルタワーケースP280のご紹介
http://1.bp.blogspot.com/-yiNIOkxukaM/Tti1fMKySaI/AAAAAAAAAUQ/KeDUFf2z1eE/s400/01-Hero-Shot2.jpg
http://1.bp.blogspot.com/-yiNIOkxukaM/Tti1fMKySaI/AAAAAAAAAUQ/KeDUFf2z1eE/s72-c/01-Hero-Shot2.jpg
自作パソコンブログPCLINKS
http://www.pclinks.jp/2011/12/antec-performance-onep280.html
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/
http://www.pclinks.jp/2011/12/antec-performance-onep280.html
true
2733683449366354762
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy